子供が言うことを聞かない、5歳児にはこうすれば簡単解決

5歳くらいになると、言葉も十分に発達してきて、親は子供のとの会話が楽しくなってきたな~と感じるころですね。楽しいだけならいいのですが、同時に親は子供を言葉だけでなんとかしようとしはじめるのですね。

スポンサーリンク

その言葉にのせた親の本当の気持ち、それが何なのか気づいていますか?子供に伝えたいことは何ですか?

5歳児の発達段階を知って、成長をサポートする

5歳児、幼稚園の年中~年長さん。仲間意識や協調性が育ってきて、ルールを守ることなど、社会生活のための力を身につけていくときです。

自分中心でまわりがみえてなかった小さな我儘ちゃんが、成長して他の人の気持ちを気遣えるようになってくる。まわりの人たちへの思いやりあふれる自然な言動に、親は感動させられることもしばしば、ですよね。

過去―現在―未来という時系列も理解できるようになってくるころ。今という時間だけに生きていたのが、先月、先週、明後日、来週、・・の少し長めのスパンでの感覚もできてくる。

それでも時間感覚はまだまだで、大人のように先を見越して計画しつつ行動するなんて芸当は難しい。何かしている時にはそのことだけで頭がいっぱい。ひとつのことに熱中しだすと、時間なんて忘れてしまって、いつまでもやっていたりするのです。

 

身体面では運動機能が大きく発達するとき。複雑な動きもできるようになり、身体のコントロールが自由にできるようになってくる。そしてとにかく好奇心旺盛。だから今までよりパワーアップして、やりたい!で即、身体が動いてしまう。

でも親からみればその行動は危険きわまりなくて、怪我をしないかといつも冷や冷や。やめさせようと、つい口をだしてしまいますよね。

親が口うるさく言って子供の行動を止めることは、いっけん子供の危険を回避させたようにみえます。でも実は成長のための貴重な体験を回避させることになっているのです。

親は黙って見守りながら、安全な環境を整えてあげたいですね。「僕はなんにでもチャレンジしてもいい。ママがそばにいてくれるから大丈夫。」という安心感。それを与えてあげるのです。

この時期は五感をめいっぱいつかう、いろんな体験をたくさんさせてあげて下さい。むやみな「やめなさい」はご法度です。

のびのび自由に!感性を豊かな子に育つためのサポートが大切な時です。

言うことを聞かない?まだできない?まわりの子とくらべない

5歳ころは成長に個人差が大きいとき。さらに幼稚園などでは同じ学年でも一年ほど差がある場合も。早生まれの子は結構つらいのです。それに単純に個性として得手不得手がある。

だから、みんなバラバラでいいんですよ。

集団保育のなかでは体操をする、歌をうたう、本を読む、などみんなで同じことをする。だから親はできる、できない、をまわりの子と比べやすくなってしまうのですね。

 

本の好き子なら、小学校高学年が読むような本を黙読でどんどん読める。一方でたどたどしい音読でやっと文字を読めるような子もいる。

他の子と比べて、できないわが子に、なんとかやらせようとしても、例えば無理に文字を教えようとしても、成長段階がまだそこに到達していないのだから、親子ともにつらいだけ。

できないことはできなくていい、できるようになるときがきたらできるから。親が言ってどうにかなるものではないですよ。

他の子と比べたことから発生した「~しなさい」、という親の言葉は、その子の個性の可能性を、本人にも親にもみえなくしてしまいます。

あなたはあなたのお子さんの成長のペースにゆったりと付き合いましょう。そうすれば子供は自然と個性を大きく開花させていくでしょう。

その子自身の成長をみてあげる。昨日できなかったことが今日はできている。それが、嬉しいことですよね!

他の子とくらべて親のエゴをおしつけてしまっては、子供が言うことを聞かないのは当たり前です。

スポンサーリンク

聞こえてないかも?子供が言うことを聞かない以前の問題

子供って何かに熱中してるとき、まわりは見えてませんよね。きっと親の声も聞こえていないのです。まぁそもそも熱中するってそういうことですけどね。

ほかのことをすべて忘れて一つのことに集中する時間をもつことは、心身のエネルギーの循環をよくして、その日一日の質をあげます。だからそんな時間って本当に大事。5歳児にとってだけではなく、大人である親にとっても、です。

あなたのお子さんは、どんなことをしている時が一番楽しそうですか? 5歳児にはすきなことをすきなだけやらせてあげたいです。理想は、気が済むまで熱中させておいてあげること。

途中でやめた中途半端な状態では、子供は達成感を体験できなくなります。たとえば何かつくっているようだったら、完成まで待っていてあげたいですね。

でも親にもいろいろ都合はあるでしょう。どうしてもやめせなくてはならない時は、前もってやめどころを伝えておきます。

どこまでできたらやめる?と聞いてあげて、子供にどこでやめるか決めさせておくのもいいでしょう。そして、続きは明日ね。と声がけしてあげる。

5歳児は時系列が理解できているので、それで大丈夫です。

子供は急にやめれない、のです。車の運転だって、急にとまれない、ですよね。でも先をみて信号があるとわかっているから、とまれるわけです。

親も子供がいつやめてくれるかわからないから、買い物行かなくちゃとか、洗濯物入れなきゃとか、いろいろ雑念が浮かんできて、イライラしてしまうのです。

前もってやめる時間の目安を子供と合意しておけばイライラしなくてすみますね。

5歳児のママに必要なことは目の前で遊んでいる子供の様子に熱中するということ。子供と一緒にすごすその時間に集中する。他のことに気をとられているなんて、勿体ないです。買い物に行ったときに、買い物に集中すればいいのです。

子供と一緒に「今」を楽しみましょう

まずは親が見本なる

生活習慣に関する、子供が言うことを聞かない悩みは、まず親がちゃんと見本になることで解決していきましょう。言葉だけでなく、親も一緒にやる、親も実行する、ということです。

近所の人に会ったらちゃんと挨拶しなさい、というお父さん、ちゃんと挨拶していますか?私の感覚では挨拶しないお父さんって、割と多いなって気がしてます。でもきっと子供には、挨拶しろよ、って教えているんでしょうね。お母さんは結構ちゃんとやってるな、と感じますが。男の人ってシャイなんですかね?

靴をちゃんと並べなさい、なんて子供にはいうけど、自分はやってない、って人いるんじゃないですか?

靴を並べるってすごく大切なことだな~って、思います。足元を整えるところからすべては始まる気がするからです。親の行為は、親が大切に思っていることの表れ。親がちゃんとやっていれば、その思いはいつか伝わるはずです。そのうち子供もちゃんとするようになります。

なんでもだしっぱなしの子供に、使ったものは片づけなさい、というのなら、親がその前にかたづけやすい環境をととのえる、簡単に片づけられる収納方法をこころがける、そんなことも大切。

どうしても片づけが苦手な子もいます。そんな子は「片づけなさい」の言葉だけでは動くことはできません。そんな子には親が一緒にやってあげる。片づけ方を教えてあげる。そばでみていてあげる。徐々にひとりでできるように。

自分の脱いだ服をたたむ、トイレ・洗面所をキレイにつかう、なども同様です。

まずは見本となる、一緒にする、教える、そばで見守る、ひとりでできたら褒める、ですね。

ほとんどは親がさっさとやったほうが楽なことばかりです。子供が自分でやるまで待ついうのは本当に本当に大変なこと。しんどいですよね~。子育てとは忍耐だ、と強く感じるのはこういう時です。でもがんばりましょーね!

ここで踏ん張ると、将来親自身がとても楽になりますよ!!

まとめ

5歳という年齢は、もっとも感性ゆたかにのびのび成長する、個性を育む時期。この時期の、なんともおもしろい多彩な言動を、親は心残りなく楽しんでください。

あなたが、目の前のあなたの子供を、そのまんまに感じてあげてほしい。やりたい!という衝動だけで動いているエネルギーいっぱいのわが子を、もっと自由に、さらにエネルギーが高まるように導いてあげれるように。

この時期の親の子供への接し方のくせは、これから将来どのような親子関係が形成されていくのかを示唆しています。

子供が言うことを聞かないからと、力で押さえつけえて言うことを聞かせようとする高圧的な親。なんでもさっさとやってあげてしまう甘やかしの親。

こんな親はどちらも、好ましい親子関係を形成するのを邪魔します。

どちらにも傾かずニュートラルに子供と接する。目の前の子供の存在をただ受け入れ認める。しっかりと向き合うのです。そして親が大切に思っていることを丁寧に伝える。

こうして幼児のころに、親子でいろんなことを共有した体験の積み重ねが、思春期ころやってくる手強い反抗期を楽に乗り切れるための土台になるのです。

この時期、子供と一緒にいろんな感性を磨いた親は、これからもずっとそうしていくでしょう。子供からたくさん学びをもらいながら。

こちらの記事もご覧ください  ⇒小学生の子供の反抗期、その特徴とらくらく対処法

スポンサーリンク